山口県 角島、佐賀県 祐徳稲荷神社、そして福岡県 金印公園/管理人U

かつてクラウゼヴィッツだかカントだかの『絶対~』の用法に対して、名著『軍学考』で兵頭先生は疑問を呈された。
『一体何が絶対なのだ?』と。

20年近く遅れて私も同じ疑問に至る──アニメ『Fate/Grand Order─絶対魔獣戦線バビロニア─』を観ながらだ。
一体、何が『絶対』なのだ?
※『軍学考』(掛け値なしの名著です)に書いてあったと記憶しているのですが、違ったり、そもそもそんな事は書いてない、とかだったらスイマセン。

それはともかく、私は福岡出身である。

福岡へ旅行する人によく聞かれるのが『どこを観光すれば良い?』だ。
『中洲の屋台』は大抵、彼或いは彼女の観光リストにはあるようだ。
『屋台は観光地か?食事する所だ』──と言いそうになるが、ではどこを観光すれば良いのか?

無いのである。リコメンドする観光地が福岡には無いのである。
付言するなら地元が福岡市内の私ですら、中洲の屋台には4、5回しか行った記憶がない。

例えばフィリピン・アンヘレスのアストロパーク北に点在する屋台ならば、300円あればそれなりに楽しめる。

しかし中洲の屋台は安いわけでも清潔でもない。
旨いラーメンや天ぷらなら屋台でなくて他にある。
率直に言って、行く理由が福岡出身の私にはわからないのである。

けれど、雰囲気なのだろう。
バンコクのナイトマーケットの屋台なら、私も雰囲気が好きである。

タラートロットファイ・ラチャダー ナイトマーケット※撮影 同行した知人

だから屋台へ女性だけで行くという場合『屋台で適当にオッサンに話しかけて下さい。ゲームです。奢ってもらえたら貴方の勝ちです。勝率は普通……』──彼女の年齢や容姿、性格に応じて率を変えて提案している。

夜に屋台に立ち寄るのも良かろう。メインの食事は、天神の大名近辺なら失敗の確率は低い筈だ。中洲のキャバクラや風俗店は、私はわからないが。

問題は昼である。普通観光は昼にするものだ。
福岡の東か西へ車で出る事を私は提案する。

どちらも朝9時頃福岡を出れば、昼食を楽しんで15時には戻れる筈だ。

東へ行けば山口県 角島。

山口県 角島

ここは結構有名だと思う。けれども角島には、言うては何だが何も無い。
しかし途中、下関で食事をすれば美味しい魚は食べられる。

西へ行けば佐賀県 祐徳稲荷神社。

佐賀県 祐徳稲荷神社

タイのドラマの舞台になったとかで、タイからの観光客が増えていると聞いた。
私が行った時には、タイ人は見当たらなかった。

公共交通機関で行けない事もないが、レンタカー使用を推したい。その方がストレスがないし、たぶん楽しい。

帰路に時間が余れば、福岡市東区の金印公園で海を眺めても良いかもしれない。

本当に何にもないが、金印(レプリカ)が置いてある。

春や秋には良い風が吹く。夜の街へ繰り出す準備も整う筈だ。

(管理人U)