新企画『兵頭二十八の放送形式 Plus』について/管理人U

 少し前に『こっそり進めている新企画があります』──と私は書きました。
 このたび公開した『兵頭二十八の放送形式 Plus』がそれです。当サイトがお金を払って兵頭先生へ記事を発注しています。

 私は一昨年まで東京に住んでいて、全て自腹で兵頭先生の講演会を企画しました。講演料、交通費、宿泊費等の金額は──もちろん、ご厚意での激安価格ですが──折り合いました。私一人で全て行うつもりでしたので、手間を省くため入場料0円の講演会でした。しかし、ある事情で中止しました。簡単に言えば東京~函館間の距離と交通機関の問題です。
 私はそれから大阪に転勤になって、講演会企画を再起動する意思も薄れていました。大阪では更に遠いし、人も東京より集めにくいだろうからです。ですが、去年サイトをリニューアルする事になって再度、考えました。距離も交通機関も関係無いものを。

 私は筋金入りの兵頭ファンですから、『兵頭二十八』へ記事を発注するのはある意味で夢です。声優ファンが声優を迎えてイベントをするようなものでしょう。……たぶん。

 『お金を払って兵頭先生へ記事を発注する』──当サイトは私が趣味で作ったファンサイトです。2002年頃書いていた私の文章は全く残っていませんが、やはり単なる私の趣味です。
 前述の講演会企画とは矛盾するようですが、その趣味のサイトで私が自腹で皆さんに公開する記事を発注──というのは、うまく書けませんが、何か違う気がしたのです。しかし、サイト自体でお金を作ればその矛盾は無くなるように思いました。
 今回お支払いしたお金は、当サイトに設置された広告によって得られたものです。つまり、訪問してくださっている皆さんが作ってくれたといえます。もっとも正直に告白すれば、大きな額ではありません。激安価格で請け負っていただいた兵頭先生には感謝の一言です。

 ところで、やる気も無ければ出来もしないのに憲法改正と言ってみたり。しなくてもいいのに消費税増税してみたり。死んだら閻魔様に舌を抜かれる事が確定していそうな我が国の首相が、今度は習近平を国賓として迎えるそうです。

 習近平氏が国賓来日したからといって私の貯金が減るわけではありません。来日しなかったら増えるわけでもありません。何の関係もありません。だから正直、どうでもいいといえば、どうでもいい事です。

 だけど、2014年12月12日の『兵頭二十八の放送形式』──私はずっとこの投稿が引っかかっていました。2020年になっても、です。

 『今日の我々は、東条と習近平の一致点を、数十個くらい挙げることができる。東条ファンの白痴右翼は、習が来年何をするかを、よく見ていることだ。』……皆さんは、挙げる事ができますか? 私はできません。

 『兵頭二十八の放送形式 Plus』の第一回のオーダーは私のこの疑問に対する回答です。お金が必要な企画なので、二回目の注文がいつできるかはわかりません。請けていただけるのかもわかりません。
 しかし今回、第一回の発注ができた事で、少しスッキリしました。サイトをリニューアルして良かったな、と思います。

(管理人U)