兵頭本[新装版]『「地政学」は殺傷力のある武器である。(徳間書店)』/兵頭[寄稿記事]情報『月刊BAN 2020年6月号』/『Weekly 虎ノ門ニュース 5月24日』の事/管理人U

 こんばんは。
 一つ目。
 お笑いコンビ『米粒写経』の天才・居島一平さんが、ラジオ番組で兵頭本『近代未満の軍人たち―兵頭二十八軍学塾』に触れて驚いた話。 

 『米粒写経』のYouTube公式チャンネルで公開された『米粒写経 談話室 2020.05.22』。
 居島一平さんの、私の大好きな『きゃりーぱみゅぱみゅのモノマネ』は更に深化・進化していた。手に持った梅酒を落としそうになるくらい大笑いした。
 文句なしに、天才だと思う。(1時間8分が経過したくらいの箇所)

 その居島一平さんがナビゲーターを務める『Weekly 虎ノ門ニュース(5月24日)』を偶然聴いた。
 『近代未満の軍人たち―兵頭二十八軍学塾』の書名を彼が挙げたので驚いた。単にタイトルを紹介しただけなのだが、兵頭ファンとして嬉しい──やはり天才は天才を知るのか。梅酒を喉に流した。私は自室にいる午後は大抵、お酒を呑んでいます。


近代未満の軍人たち―兵頭二十八軍学塾

 二つ目。本題。
 名著『「地政学」は殺傷力のある武器である。(徳間書店)/兵頭二十八 著』の新装版が2020年5月29日に発売だ。
 電子書籍版もあるが単行本版は1210円。新書サイズの分厚い、本当に『新装版』らしい。もちろん私は買いますよ。

[本書の内容紹介]
過去から未来まで変わらないものを見極められるのが地政学の効用

◎「世界における英国の一人勝ち」の理由探しから始まった地政学
◎「艦隊は分割するな」が、アルフレッド・マハンの卓説
◎地域の強国と準強国とを拮抗させるスパイクマンの地政学
◎内部から必ず裏切り者が出るのが中国大陸の変わらない文化
◎もはや日本は朝鮮半島など必要としない
◎すばらしい戦後日本の地政学的環境
◎「シェール・ガス革命」と「パナマ運河拡幅」が意味する地政学の新事態
◎対儒教圏の理想的バリアーとなるハイテク機雷

 当然に私は以前のものも買って読んでいる。オススメの一冊であるのは間違いない。
 あれこれ私が書くよりも、上記の目次が十分な広報だと確信する。買って損は無い一冊。なんでこんなに面白い本が書けるのに、ユグドアで乞食行為をせにゃならんのか、私には本当に理解できません。この世に神はいないのでしょうか。

 

 三つ目。
 兵頭[寄稿記事]情報『月刊BAN 2020年6月号(株式会社教育システム)
 特集 情報戦2020 スパイからAI・5Gへ
『米中の「AI覇権戦争」はどちらが勝つのか?/兵頭二十八』

 これを書くのは正直、心苦しい。なぜか?
 『月刊BAN』は警察職員しか買えない雑誌なのだ。ここで紹介しても、入手できる人はたぶん、限られると思う。私もある方のご厚意により雑誌を頂いただけなのだ。

 私は20年くらい前、国会図書館と東京都立中央図書館に通って兵頭記事を集めた。『月刊BAN』は国会図書館にすら置いてないのではなかろうか。(あったらスイマセン)
 そんな雑誌なので、どうやって読めばいいんだよ?──と問われたら困るのだ。が、やはり兵頭寄稿記事。え、ホント?──という情報も含まれていて面白い。
 
 クローズドな媒体だからあまり詳しくは書くのはやめておきますが、もし手にする機会があれば、是非読む事をおすすめします。

(管理人U)

『当サイトでの投稿を含めた、兵頭二十八の活動全般を応援したい方たちによる喜捨行為』について/管理人U

 右や左の旦那様。お世話になっております。『兵頭二十八先生の収益多角化計画』はいまだ模索中だそうです。少なくとも『うちのガソリンスタンドでアルバイトしませんか』というお声はかかってないようです。

 YggDore(ユグドア)というサービスをご存じでしょうか。
 WEBサイトのアドレスを指定して、チップを送金できる仕組みです。匿名でお金とメッセージを贈る事ができます。
 兵頭先生も含めた関係者との協議の結果、ここに登録する事にしました。
 当サイトあてに送金いただく場合のアドレスは『https://st2019.site/』です。兵頭二十八先生へお金は届きます。文字通り乞食行為です。

 誤解されてはマズいので、太文字でお伝えしておきます。

 送金された方だけに対する『特典』は、ありません。
 当サイトへの投稿を含めた『兵頭二十八の活動全般を応援したい方たちによる喜捨行為』──現時点では本当に、それだけです。

 さすがに「万が一、億が一、月刊連載の年間原稿料くらいのチップが入る事があれば、当サイトで毎月か隔月、かつての『正論 CrossLine』や、『読書余論』を彷彿とさせる『兵頭二十八の放送形式 2020年3月16日』のような投稿があると良いな」と私個人は思っております。思ってはおりますが、大方針が『お金を払った人だけ見れるものにはしない』である事はたぶん変わりません。『チップを贈って下さった方だけ』の特典にはなりません。

 それでもよろしいという右や左の旦那様。「寒い函館、灯油代にでもしなさい」「これでパンでも買いなさい」──という御心で、兵頭二十八先生への喜捨をよろしくお願いします。


『YggDore(ユグドア)』でのチップの送金方法

『YggDore(ユグドア)』へアクセスします。
https://www.yggdore.com/

②チップの送金先ホームページアドレスを入力して『カゴに追加』ボタンを押して下さい。当サイトのアドレスは『https://st2019.site/』です(『兵頭二十八』へお金は届きます )。

③チップの金額やメッセージを入力し『保存』ボタンを押して下さい。

④ページ上部の『カゴの中のチップを見る』ボタンを押して下さい。

⑤『注文開始』ボタンを押して下さい。

⑥-①匿名で投げ銭をされたい方は『今回はゲストとして注文します』を選択してください。アカウントは必要ありません。

⑥-②すでに『YggDore』のアカウントをお持ちの方は『以下のアカウントで注文します』を選択することができます。

⑦お支払い方法は現在は『銀行振込』しかありません。

⑧『口座名義』を入力し『注文の最終確認へ』ボタンを押して下さい。

⑨『注文する』を押しますと、『YggDore』よりメールが届きます。
メールへ記載された『YggDore』の口座へご指定の金額をお振込みください。

YggDoreへ移動する

関連記事

兵頭二十八の放送形式

「ゆぐどあ」を学びました。

アルバイト、なんでもやります。

皆さんのユグドア喜捨のおかげで大助かりです!

管理人Uの雑記

兵頭二十八先生『収入多角化計画』は現在『長考中』です/管理人U

(管理人U)

新企画『兵頭二十八の放送形式 Plus』について/管理人U

 少し前に『こっそり進めている新企画があります』──と私は書きました。
 このたび公開した『兵頭二十八の放送形式 Plus』がそれです。当サイトがお金を払って兵頭先生へ記事を発注しています。

 私は一昨年まで東京に住んでいて、全て自腹で兵頭先生の講演会を企画しました。講演料、交通費、宿泊費等の金額は──もちろん、ご厚意での激安価格ですが──折り合いました。私一人で全て行うつもりでしたので、手間を省くため入場料0円の講演会でした。しかし、ある事情で中止しました。簡単に言えば東京~函館間の距離と交通機関の問題です。
 私はそれから大阪に転勤になって、講演会企画を再起動する意思も薄れていました。大阪では更に遠いし、人も東京より集めにくいだろうからです。ですが、去年サイトをリニューアルする事になって再度、考えました。距離も交通機関も関係無いものを。

 私は筋金入りの兵頭ファンですから、『兵頭二十八』へ記事を発注するのはある意味で夢です。声優ファンが声優を迎えてイベントをするようなものでしょう。……たぶん。

 『お金を払って兵頭先生へ記事を発注する』──当サイトは私が趣味で作ったファンサイトです。2002年頃書いていた私の文章は全く残っていませんが、やはり単なる私の趣味です。
 前述の講演会企画とは矛盾するようですが、その趣味のサイトで私が自腹で皆さんに公開する記事を発注──というのは、うまく書けませんが、何か違う気がしたのです。しかし、サイト自体でお金を作ればその矛盾は無くなるように思いました。
 今回お支払いしたお金は、当サイトに設置された広告によって得られたものです。つまり、訪問してくださっている皆さんが作ってくれたといえます。もっとも正直に告白すれば、大きな額ではありません。激安価格で請け負っていただいた兵頭先生には感謝の一言です。

 ところで、やる気も無ければ出来もしないのに憲法改正と言ってみたり。しなくてもいいのに消費税増税してみたり。死んだら閻魔様に舌を抜かれる事が確定していそうな我が国の首相が、今度は習近平を国賓として迎えるそうです。

 習近平氏が国賓来日したからといって私の貯金が減るわけではありません。来日しなかったら増えるわけでもありません。何の関係もありません。だから正直、どうでもいいといえば、どうでもいい事です。

 だけど、2014年12月12日の『兵頭二十八の放送形式』──私はずっとこの投稿が引っかかっていました。2020年になっても、です。

 『今日の我々は、東条と習近平の一致点を、数十個くらい挙げることができる。東条ファンの白痴右翼は、習が来年何をするかを、よく見ていることだ。』……皆さんは、挙げる事ができますか? 私はできません。

 『兵頭二十八の放送形式 Plus』の第一回のオーダーは私のこの疑問に対する回答です。お金が必要な企画なので、二回目の注文がいつできるかはわかりません。請けていただけるのかもわかりません。
 しかし今回、第一回の発注ができた事で、少しスッキリしました。サイトをリニューアルして良かったな、と思います。

(管理人U)

兵頭本[文庫]新刊情報──『日本史の謎は地政学で解ける (祥伝社黄金文庫)』

兵頭二十八先生の単行本『日本史の謎は地政学で解ける』の文庫版が2020年2月14日に発刊予定。祥伝社様からの鉄骨入りバレンタイン・チョコレートだ。
ありがたい事である。

兵頭二十八先生を語る上で欠かせない本はいくつもある。
マスターピース──『日本の防衛力再考』。
伝説的名著『ヤーボー丼―いかにして私たちはくよくよするのを止め、核ミサイルを持つか』。
私は『軍学考』が大好きであるし、『アメリカ大統領戦記』シリーズは読んでいて楽しかった。

ちなみに私が『やっぱ[兵頭二十八]は普通じゃない』と確信したのは傑作『日本人のスポーツ戦略―各種競技におけるデカ/チビ問題』だ。『絶対に[軍事評論家]の枠内の人じゃない』と理解できる。

今回、満を持して文庫で再登場する『日本史の謎は地政学で解ける』。

──なぜ畿内が、日本史の中心として栄えたのか?

──なぜ源氏は、鎌倉で幕府を開いたのか?

──なぜ足利氏は、京都に戻ったのか?

──なぜ日本は、元寇を撃退できたのか?

──なぜ秀吉は、朝鮮に兵を送ったのか?

──なぜ黒船来航が、日本の防衛観を一変させたのか?

──なぜ薩摩と長州が、幕末の雄藩になれたのか?

──なぜ明治政府は、江戸に天皇を移したのか?

──なぜ「征韓論」が、地政学のセオリーなのか?

兵頭二十八先生がお答えになる。
『日本史の謎は地政学で解ける』は兵頭本の中でも『面白い』本だと思う。

全て名著、全て必読なのが兵頭本だが、その中でも私は好きな本です。

(管理人U)

WordPress SSL化できた/兵頭本[新刊]単行本【武器が語る日本史]出ますね

お世話になっております。

WordPressは便利ですね。
Twitterとの連携もできました。
(投稿したら単にTwitter ID: @28funsite に表示されるだけですが)

SSL化もできたと思います。できてますよね?

https://st2019.site/

ところで、兵頭本新刊【武器が語る日本史】が発刊されますね。
楽しみですね。
私はamazonで予約しました。

皆さんは何処で予約されましたでしょうか。

(管理人U)

兵頭本[新刊]情報 [武器が語る日本史]

2019/10/26(予定)

単行本[武器が語る日本史]

兵頭二十八 著

出版社 徳間書店

歴史は戦争がつくった。
――だから軍事から見れば歴史がよくわかる!

第1章日本軍はなぜ「投げ槍」を使わなかったのか
第2章朝鮮半島から離れたことで変容した日本の武器性能
第3章鉾と楯から見た日本の武器事情
第4章日本の騎兵はどのように戦ったのか
第5章日本の弓はいったいどれくらいの威力があったのか
第6章楯を軽視した特殊事情
第7章テレビ時代劇とはまったく違う日本の合戦
第8章なぜ大砲をうまく使いこなせなかったのか
第9章日本人はなぜ火縄銃に銃剣をつけなかったか
第10章日本陸軍はなぜ《性能が劣った戦車》にこだわり続けたのか

徳間書店

http://www.tokuma.jp/

新ウェブサイト(仮称『GANOICHI(画の市)』)の話5 いったん中止です。それから……

(兵頭ファンサイト 管理人より)

お世話になっております。

予定の遥か上の金額だったので、いったん中止です。

もしも『カネとヒマを持て余した兵頭ファン』がこの世の何処かにいらっしゃいましたら、どうか引き継いでください。

今回、閲覧者の方からいくつものメールをいただきました。
本当にありがとうございました。

そして一銭にもならない問い合わせに回答くださった業者様にもお礼を申し上げます。
大変勉強になりました。

ところで、本件とは直接関係ないのですが、
気になっていた事を閲覧者の方から指摘されました。

・スマホで見にくい

まさに、です。
『兵頭二十八の放送形式』と『お知らせ』以外は、サイト開始の17年前から殆ど変わってません。

なんとかせにゃならんなあと以前より考えてはいました。
が、全部スマホ対応なんてものにどうしたらできるのかよくわからなかったので放置していました。

ただ、当サイトで一番閲覧されているものは当然『兵頭二十八の放送形式』です。

その『~放送形式』なのですが、私のandroidのスマホでは、見やすいのです。
皆さんのものでは違うのでしょうか?
(もちろん、何の機能も無くただ文章が『見やすい』だけなのですが)

確かに『~放送形式』はMovable Type 3.2です。
アテネオリンピックの頃の代物です。

A・
『~放送形式』(Movable Type 3.2-ja-2)の過去ログを継承した上で、
以後も簡単に投稿できる新システムは?

B・
TOP PAGE以下全体をスマホ対応にサクっと変換できるのか?

AかB、或いはAもBも両方満たせる一番簡単な方法というのはあるのでしょうか。
Aに関しては、そら何かはあるでしょうが、Bが、よくわかりません。

あるものでしょうか。

どうしたら一番『イマドキ』になるのでしょうか?

※ちなみに『~放送形式』のデザインは、
兵頭ファンの方が無償で作ってくださいました。
私はこのシンプルな見た目が大変好きです。

もしサクっと解決する方法を教えて下さる方が現れて、私と同じ関西在住でしたら、

鶴橋(大坂)で焼肉くらいは奢らせていただきますよ、本当に……。

いえ、当サイトを設置しているLolipopのサイトに

『既存ホームページのスマホ対応 20万~(10ページ)』とは書いてあります。

しかし、新ウェブサイトならともかく、いま存在しているサイトに10万円を越えるお金使うのはなあと思うのです。
※私の趣味のサイトなので……。

なんとか、少しづつスマホ対応にしていこうかな、とは思っているのですが。

まったく、17年という年月はおそろしいものです。
当時はスマホ対応なんて考えなくて良かったのですから。

兵頭ファンサイト管理人
28funsite@gmail.com

Twitter ID:@28funsite

やっぱ数百万円か 新ウェブサイトの話4(管理人より)

お世話になっております。

他2社からもご連絡。
独自システムはできないという所と、
数百万円ですという所と……。

数百万円かあ。やっぱりそうかあ、という感じですね。

素人でしかも個人がポイとできるものでもありませんね。

ただ、当サイト閲覧者の方からメールをいただきました。
『スナップマート』がそもそもそれに近いのではないか?と……。

https://snapmart.jp/about

少ししかまだ見れてませんが、
あらなんか……ほぼこれな気が。
なんという事でしょう。

メールくださった方、回答くださった業者さん、
ありがとうございます。

兵頭ファンサイト管理人

500まんえんですって!? 新ウェブサイトの話3(管理人より)

兵頭ファンサイト 管理人より

お世話になっております。
1社より返答がありました。
さすが、連休中でも回答してくださるなんて素晴らしい。

モデルは↓のようなものですか?
デザインからシステムまで構築して
500万円前後くらいです……との事。

https://www.fotolia.com/

確かに、確かにそうなんですが、
『Adobe Stock』なんて御大層なものではなく、
も少しこじんまりとしたものを想定しています。
ただ、500万円かあ……。

もちろん10万20万でできるとは思ってませんでしたが、
500万円かあ……。

私は単なる会社員なので、
さすがにちょいとサイト作ってみようで500万円は出せません。

さて、どうしましょうか。

少し困りました。

以上、途中経過でした。

兵頭ファンサイト管理人
28funsite@gmail.com

新ウェブサイトの話2(管理人より)

兵頭ファンサイト 管理人より

『ウェブサイト(スマホにも対応)を作ってくれる個人・法人を探しています。

(2019年09月01日 18:15)』の途中経過です。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2019/09/#a002426

何件かアドバイスのメールをいただきました。
ありがとうございました。

教えていただいた函館の業者様へ問い合わせをしたところ、
独自システムの開発は行っていないとの回答でした。残念。

ですので現在、何も進んでません。

ただ、15~50万円くらいが相場じゃないですか、という助言を受けました。

私が仕事のストレスもあり旅行にでたりしていたもので、
他のところには問い合わせもしておりませんでした。

昨日また数社の、検索にヒットした業者さんに問い合わせと見積もり依頼メールを送りました。

以上、何も進展してませんという報告でした!

兵頭ファンサイト管理人
28funsite@gmail.com