ロシアが再び、原子力エンジンの巡航ミサイル(放射能撒き散らし型)の試射をする模様。

 Natalie Wolchover 記者による2020-10-20「Quantum Tunnels Show How Particles Can Break the Speed of Light」。
     量子には「壁抜け」ができる。トンネリングと呼ぶ。理論によれば、壁があることにより、量子の移動速度は却って増す。ということは、何もない空間を飛んでいく光のスピードを、量子は、なんらかの壁を抜けることによって、超えられるかもしれない。

 ※偉い学者・研究者たちは、皆、最先端の学問・研究で、忙しい。政治的運動を組織しているヒマなど無いのがとうぜんである。その隙に、○○党など反日機関の意を体した、ちっとも偉くない《先生》は、つけこめる。これが日本学術会議等の膿構造なのだろう。(参照) ttps://ferreira.exblog.jp/30246113/ 

 次。
Eileen Guo 記者による2020-10-20記事「The DOJ says Google monopolizes search. Here’s how.」。
    米司法省はグーグルらの独禁法違反を16ヶ月捜査していたが、トランプ選挙が近づいたため、見切りでの早期起訴を迫られたようだ。

 グーグルの検索エンジンは、米国内では8割の人が使用している。この検索画面に相乗りさせる広告からの収益は、1年で数百億ドルにもなっているそうだ。
 ウェブブラウザーの上でグーグルがデフォルトの検索エンジンにされているのがそもそもいけないと司法省は言う。

 世界中でオンライン・サーチに乗せられている広告の料金は総額500億ドル。そのうち400億ドルがグーグルの懐に入っているのだという。
 2010年以降、欧州ではグーグルは3回、訴訟を起こされており、これまでに90億ドルの罰金を支払っている。

 今回の司法省の起訴だが、結審するまでに数年かかるだろう。1970年代にIBMが起こされた訴訟は、結審までに13年がかりだった。また1997年にマイクロソフト社が起訴された一件は、片付くのに5年を要している。どちらのケースでも、企業は、強制分割は免れた。

 次。
 ストラテジーペイジの2020-10-21記事。
   韓国製の装甲兵員輸送車「K152」がナイジェリアで対ボコハラムの鎮定作戦に使われている。最近、売れたのだ。
 その前に5.7トンで「K151韓国製軽戦術車」という4×4があった。その拡張型だという。

 4人乗り。その車体後部の天板を嵩上げし、視察窓と銃撃ポートを設けた。それにより、車内から立姿で車外を銃撃することもできるようにした。

 ナイジェリア軍は100両以上のMRAPを装備している。重さはK151の3倍近い。重いということは、運用コストがそれだけかかる。だがナイジェリアではIEDの脅威がイラクやアフガンほどには深刻ではないと分ってきたので、そこに韓国人が軽装甲機動車を売り込むチャンスがあった。

 ちなみに韓国軍は、1.5トンのジープ型のK131から、HMMWVもどきの国産版を経ることなく、いきなり軽装甲機動車へ世代交代させている。
 K131はHMMWV登場より12年あとの1997年導入なので、これは確信あっての方針だった。

 ※車両の防護力を欲張ると車重は無限に重くなる。それを一定サイズ内に抑えんとするならば、エンジンは内燃機関でなくてはどうにもならない。つまり「電気化された陸軍」というのは、将来もありえないのである。軍隊はぜったいに排出ガスゼロなど約束するはできない。これは何を意味するかというと、小型軽量のガソリンエンジンやディーゼルエンジンの技術に自信やこだわりがある民間用乗用車メーカー社内の有為の技術者は、将来の生計の基盤として、軍用車両市場を考えるしかないということなのだ。ホンダがF1から撤退すると決めたのは遅すぎる。軽量車体で高速を競うモーターレースの世界では、これからの動力源は電池になるに決まっているからだ。だが重量級・高負荷のモーターレースというものがあるのなら――たとえるなら競馬の輓曳やクロスカントリーのヒルクライムのようなもの――そこに研究資源の一部を注入し続けることは、大メーカーにとっては長期的に賢明なはずだ。装甲車のF1を開催するといい。それでみんな理解するよ。

 次。
 おしらせです。
 次回の地政学講和は11月18日水曜日を予定。ひょっとしたら次回から「ズーム」を使うかもしれません。また変更等ありましたら逐次にお知らせをいたします。



ニッポン核武装再論


なぜ私は核武装論をやめたか (Voice S)

アパッチの部品の規格検査に不正があったと発覚し、米軍はメーカーからの調達をまたしても一時停止中か。

 Eli Kravinsky 記者による2020-10-19記事「Below Threshold Options for China against the U.S.」。
   国務省のカネで中共に語学留学してきたハーバードの院生が7月に書いたリポートのさわり。

 中共の大方針は、対米本格開戦に至らぬレベルの諸作戦によって歩一歩と南シナ海を征服することにある。
 それには新たなオプションもあり得る。

 艦船を米海軍の軍艦にわざとぶつけてくるオプション。FONOPをやめさせるためのイヤガラセだ。
 場所はシナ沿岸が選ばれる。この海域では米側が応援を呼ぶのに半日以上かかる。だからシナ側は物証を米側に押収される心配がない。

 逆にシナ側は救助救難に名をかりて米国人を本土に拉致し人質にすることもできる。

 米国内で暴動を扇動するオプション。国内で騒乱があれば、元首は外交に集中できなくなる。それは中共のメリットである。

 台湾を海上封鎖するオプションは、海上保険料が爆上がりするので、自傷行為だろう。

 ※ユーラシア大陸内の覇権勢力が支配地を拡張して行く手口は常に、隣接した敵陣営の内部に「内通者」「寝返り」「奔敵者」「裏切り者」を獲得することによっている。ところが地理的な条件のため、西欧や島嶼に対しては、この手口が効きにくいのである――という機序については拙著『地政学は殺傷力のある武器である』で論述したところだ。

 ※明日21日の弁天町の「フォトスペース 一期一画」には駐車場がないのですが、路面電車道のすぐ向かい側に「弁天町会館」というところがありまして、その会館が面している道路(姿見坂の一部)は、夜間ほとんど人通りがなく、しかも、駐禁の道標がないところがありますので、20時までなら停められるんじゃないでしょうか。



「地政学」は殺傷力のある武器である。〈新装版〉 ニュー・クラシック・ライブラリー


日本史の謎は地政学で解ける (祥伝社黄金文庫)

地政学懇話は月例化します。

 ローカル企画ですので、宣伝はいたしません。
 こんかいと同様にやります。
 来月は、10月21日(水曜日)を予定します。
 予定に変更なき限り、前日・当日まで、特に告知もしません。

 前後の宴会等はありません。8時キッカリ解散です。

 なお、飛び入り参加者は、ごじぶん用の軽食(サンドウィッチとコーヒーのようなもの)をご持参くださるとよいでしょう。そのゴミは、お持ち帰りいただきます。

 次。
 Will Douglas Heaven 記者による2020-9-23記事「We’re not ready for AI, says the winner of a new $1m AI prize」。
    レジナ・バージレイは、このたび「Squirrel AI Award」の最初の受賞者に撰ばれた。
 もともと自然言語の生成の研究をしていたが、2014年に乳癌手術を受けた後に、研究方向を変更。
 癌を発見したり新薬を開発するアルゴリズムをマシンラーニングさせる仕事に没入している。

 スクィレルAI社はシナ企業である。そこが100万ドルの賞金を設定した。数学界のチューリング賞とおなじぐらいの額にしないと、ノーベル賞なみの権威は生じないというので。

 電気が普及しはじめた初期、人々は、どうしても、蒸気エンジンのそのままの代替物として、あたらしい電力エネルギーを捉えようとした。これと似たパターンを、もっかの現代人は、AIについて、繰り返しているさなかだと言えます。

 AIは、回答をまちがえた場合の損害がおおごとになるような分野で、伸長しています。
 たとえば、ネットの自動翻訳レベルの世界だったらば、ひとつの誤回答が提示されても、ユーザーは、次の別の回答を探しに行くだけ。
 ですが、このユーザーがもし、患者のための診断や療法を調べている医師であったなら?

 こんなに多くの乳癌患者が米国には居るというのに、研究者がその巨大データ〔主にマモグラム写真の山〕にアクセスできるようには、全くなっていなかった。2014年時点では。

 健康診断で撮像された「乳房X線写真(マモグラム)」をドクターが肉眼で見ても、《あと2年後にこの人は乳癌になる》とは判断はできなかった。ところが、画像のビッグデータをAIにマシンラーニングさせれば、乳癌になる人にその2年前から、正確な警告ができるように、なるのである。《このままいくとあなたは乳癌になる》と。
 わずかな画像のパターン変化から、AIが危険な兆候を見破ってくれるのだ。

 医師は、マモグラム中に認められる白いスポットが、はたして癌なのかどうか、眺めているだけでは知ることができない。それは「生体組織検査」をしてみないと確認はできない。しかしもし、実際にはなんでもなかった患者に生検をすれば、それは患者に余計な傷をつけただけということになってしまう。リスクとメリットを考えなくてはならぬ。AIは、医師のこんな悩みを軽減してくれる手助けをしてくれるわけ。

 今の課題。AIは、鼻の良い犬のようなものだ。犬の鼻は、人間には感知できない匂いを、ことこまかに嗅ぎ分けている。だが、それを言葉によって人間に対して、わかりよく説明することが、できない。

 こんどの新コロ流行に際して、AIには何ができたのだろうか?
 限定的なものだが、こういうことはできたはずだ。
 ある都市の中には、毎年、乳癌予防検診でマモグラムの撮影をしている人が、多く居る。ところが、こんどの新コロで、定期健診のようなノンエッセンシャルな医療サービスは、どの病院でも縮小するしかなかった。それでも、《あなたはどうしても今年もマモグラム撮影をしとかないとだめだぜ。なぜなら気になる兆候が去年、見えていたんだから》というアドバイスを、AIならば、出せたでしょう。

 新コロ対策にAIが役立つかどうかは、データをどのくらい集められるかにかかっている。マモグラムのデータですら、まだ、まったく数が足りていない。全米的な協力は、得られていないのだ。
 技術のネックではなく、データのネックがある。これが、AI診断の普及の前に立ちはだかっている、現実の壁である。

 次。
 Loren Thompson 記者による2020-9-22記事「Raytheon Presses Case For Replacing Lockheed Martin Radar In Missile Defense Of Japan」。
    いま、世界の中のレーダー・メーカーの中で、おそろしく遠い距離にある弾道弾などを存在探知して識別把握して追跡し予想する機能において、レイセオンRTXと、ロッキードマーティンLMTは、双璧である。
 他の、いかなる企業も、この2社がもっているような高水準なレーダーのハードおよびソフトウェアのノウハウは、有していない。

 だから、日本政府は、地ージスのレーダーを、この2社のうちのどっちかに、発注するしかない。
 どっちの性能が優れているかというと、これは微妙なので、バイヤーの選択は、コストで決まるだろう。
 しかし いろいろ人に話を聞くと、どうやらレイセオン社が優勢になっているようだ。

 レイセオン社は艦載のイージス用の新型レーダーの開発を米政府から2013に受注している。これは強みだ。
 「SPY-6」とよばれる最新モジュール。2平方フィートのレーダー素子集合板だが、これを、搭載する軍艦のスペースや目的にあせわて、たくさん集積させたり、少数だけ貼り付けたり、いくらでも融通を利かせることができる。

 たとえば、次の世代のアーレイバーク級駆逐艦(フライト3)には、このモジュールを37枚貼り付ける。それで全周警戒と追尾と誘導ができる。感度/分解能は今のイージスの80倍だという。
 また、既存の旧式イージス艦のアップデート改修には、この最新モジュール24枚を貼る。
 さらに、イージス艦ではないが、空母や強襲揚陸艦にも、この「SPY-6」モジュールを9枚、貼り付ける予定。新型フリゲート〔LCS後継〕にも9枚。

 メンテナンスのためのモジュールの交換は、1枚につき、工具2個あれば、数分でできてしまう。したがって維持費が、旧来のイージス・システムより安くなる――とメーカーは主張している。

 これに対してロックマートのは、完成してもいない。まだ開発中なのだ。「スパイ7」と呼ばれ、予定では、アラスカとハワイの、米本土防空用のGBIミサイル(それは艦対空のスタンダードミサイルとはまったく別種の地対空ABM)のために仕上がるはずのもの。なんとこれを日本政府は2017に、買う、と言ってしまったのだ。

 かつて日本ではこんな説明もされていた。イージス艦の起電力と冷却能力には限度がある。その制約がABM機能も制約してしまうのだと。

 「スパイ7」を艦載してはどうかという話も出てきた。だが「スパイ7」は、そもそも、シナ大陸から日本に発射されるIRBMの探知用ではない。ロシアから米本土に飛来するICBMの高速RVを探知するための専門レーダーなのだ。とうぜん、IRBMのRVよりもさらに低速の対航空機、対巡航ミサイルの探知用途などは考えてはいない。だから、もし「スパイ7」を艦載するとすれば、ソフトを一から書き直す必要がある。現実的なわけがない。

 ※「スパイ7」と「スタンダード」ミサイルのマッチングのソフトも存在しなかったわけで、地ージスがあのまま進められていたなら、そのソフトを一から書くコストを防衛省が負担させられていた。それだけでも防衛省は会計破綻したであろう。

 「スパイ6」のソフトのために米海軍が投入した国費をしらべれば、「スパイ7」に対航空機ミッションをあらたに付与するためのコストも、容易に想像はできるだろう。

 レイセオン社いわく。だからこそ、『タイコンデロガ』級イージス巡洋艦の古いレーダーを「スパイ7」に換装すればどうかという話だって、さいしょから可能性としては排除されているわけですよ。

 ※ロックマートの法務部門はおそらく世界最強だ。「スパイ7」を択んではいけなかったということも理解ができなかった防衛省の内局連中に、とうてい、民事法廷で対抗ができるとは思えないのだが……。



「地政学」は殺傷力のある武器である。〈新装版〉 ニュー・クラシック・ライブラリー


日本史の謎は地政学で解ける (祥伝社黄金文庫)

アルバイトの応募がなかった場合(管理人U)

 お世話になっております。

 便利屋さんや他のお手伝い(?)サイトでもアルバイトをしてくださる方を探しています。が、現時点で見つかっておりません。金額は応相談でございます。

 明日までに見つからなかった場合、他の方法を考えねばならないなあと思っています。



「地政学」は殺傷力のある武器である。〈新装版〉 ニュー・クラシック・ライブラリー


日本史の謎は地政学で解ける (祥伝社黄金文庫)


 大抵の日本人がそうなのでしょうが、私は王様にも貴族にも会った事がありません。公爵とか伯爵とか男爵とか。実際に見た事は一度もありません。
 にもかかわらず『ピッコマ』というアプリで毎日、公爵だの侯爵だの皇帝だの皇太子だのが出てくるマンガを読んでます。『公爵夫人の50のお茶レシピ』……仕事のストレスで傷んだココロにしみます。
 本日は休暇ですので、アールグレイを淹れましょう。

(管理人U)

アルバイトしていただけませんか? 『兵頭二十八 地政学入門カフェ(2020年9月23日 18時半~)』に参加される方へ(管理人U)

 お世話になっております。兵頭ファンサイト管理人です。

 当サイトをご覧の方でしたらご存知かとは思いますが、2020年9月23日に『兵頭二十八 地政学入門カフェ』が開催されます。
 『地政学』の基礎と最先端を、入門級の人たち向けにお話しするミニ講演です。
 
 私は残念ながら仕事のため参加する事ができません。悲しいです。
 参加される方で、アルバイトをして頂ける方はいらっしゃいませんでしょうか?

 アルバイトの内容は『ミニ講演の撮影・録音』です。
(後述しますが『公開を前提とした撮影・録音』ではありません)

 アルバイト代は、あまり多くは出せませんが、私がお支払いします。
(さすがに『沖縄から行きますので、15万円必要です』とかいわれても困るので、もともと参加予定の方が嬉しいです)

兵頭二十八 地政学入門カフェの日時

日時:2020年9月23日水曜日 18:30~

場所:spAce ICHIGoICHIe
〒040-0051 北海道函館市弁天町16-2

兵頭二十八 地政学入門カフェのFaceBookページ

募集要項

・『兵頭二十八 地政学入門カフェ』の撮影・録音をしていただける方。
(撮影・録音の許可は得ています)

・アルバイト代は、いくらが妥当かよくわからないので『〇〇円ならやるよ』とメール下さい。(なるべくお安く……)

・ちょっと、細々した事情説明が必要なため、Skype(か、Lineのビデオ通話)で事前にお話できる方。(撮影・録音の許可は得ていますが、顔も知らない方へ私が頼みにくいという理由もあります)

・撮影、録音機材をお持ちの方。
 プロ級のものは全く求めていません。単なる会社員の私が、参加される方へいくばくかの謝礼をお支払いしてお願いしたいだけなのです。
 三脚にスマホを固定しての動画撮影とかそんなんで結構です。動画が不可能なら音声だけでも仕方ないと考えております。ただし、音声だけは可能な限りクリアに録っていただきたいです。撮り方、録り方などはSkypeでお話する際お伝えします。

 私はどうしてもこのミニ講演を聴きたいのです。だから音声はできる限りクリアが良いです。ですが、画質は大して求めていません。

 TV番組はとても高画質ですが、興味がないので私は殆どTVを観ません。しかし、兵頭講演会の映像であれば、私にとってはそれがどれほど低画質でも、宝物になると確信しているからです。

『公開を前提としない録音・撮影』である事について

 私はイベントの邪魔をするつもりは一切ありません。もし『公開を前提とした』撮影・録音であるならば、参加者が減る可能性があります。それは全く私の求めるものではありません。

 もちろん私は、私と同じような、ミニ講演を聴きたいけれど参加できない方のためにも、無料公開の交渉をします。
 ですが『地政学入門カフェ』終了1週間後に無料公開、なんて事を私は希望しません。

 参加者の方が『これだけの日数が経過したのならまあいいか』と思うような(これは私の主観でしか無いですが)日数が経過した後の無料公開を目的としております。

 公開する場合でも、参加者の方のプライバシーに配慮する必要があります。動画なのか録音なのか、テキストに起こしたものを公開するのかも全く現時点では未定です。

 つまり現時点では、単なる兵頭ファンの会社員である管理人が、公開を前提としない撮影、録音をしていただける方を探しているだけ、です。

 繰り返しますが、プロの画質、音質なんて求めてはいません。撮影や録音も、単に三脚やテーブルに機材を固定して、あとはミニ講演を普通に楽しんでいただければ良いと思っています。
 
 どなたかお引き受けくださいませんでしょうか。(なるべく安価で……)

 応募の際は『持ってる機材(ビデオカメラ・スマホ・ボイスレコーダー、とか)』『希望アルバイト料』を明記くださると大変助かります。

 ご連絡をお待ちしております。

(2020年9月14日追記)

 応募がなかったらどう対策しましょうかね……。

 全く話は変わりますが、年末までには、今までとは全く毛色の違うシロモノを公開できるかもしれません。(皆様がお気に召すかどうかはわかりませんが)

 (管理人U)

ミニ講演 の続報。

 9月23日(水曜日)の18時30分から開講します、《地政学の入門レベル講座》につきまして、さらに詳しくお知らせ申し上げます。

 場所:〒040-0051 函館市 弁天町 16-2 「フォトスペース 一期一画」〔駐車場はございません〕。
 料金:おひとりさま「一千円」也 を徴収いたします。
 おひらき:20時30分より前には解散しなければ……と思っています。

 ※これから、人のあつまり具合によりまして前後のイベント等も考えようと思いますが、《三密》回避とどう両立させればいいのか、が、悩ましいところです。何か、皆様のお知恵を拝借できましたなら、幸いです。  拝具



「地政学」は殺傷力のある武器である。〈新装版〉 ニュー・クラシック・ライブラリー


(管理人Uより補足情報 2020年9月12日追記・訂正)

 古い蔵(を改造したレンタルスペース?)でのミニイベントだそうです。主催者の方の連絡先とFaceBookページ『兵頭二十八 地政学入門カフェ』が公開されました。

 私は仕事のため、23日には大阪から函館へ飛べません。本当に悲しいです。参加できる方が羨ましい。

 ですので、ミニ講演を撮影・録音してくださるアルバイトの方を募集します。

 兵頭先生は引っ越し後、近所のガソリンスタンドへ履歴書をもっていきましたが、残念ながら採用してもらえなかったそうです。バイトの神様、何でだよ! 助けてあげておくれよ!


謹告。来たる9月23日(水曜日)にミニ勉強会を予定しています。

 場所は、函館市内(山手地区の近く)にある狭いスペースです。
 開始時刻は18時30分の予定。
 内容は、地元の一般の人向けの教養講座で、テーマは「地政学の基礎」です。
 場所等の詳細は、追って告知をいたします。